Arts

Arts

オーケストラ、演劇、ダンスなど舞台芸術一般を指す、パフォーミング・アート。
絵画、彫刻、服飾デザイン、映像・写真などを指す、ビジュアル・アート。
多岐に渡る芸術分野も、北米ボーディングスクールなら広く深く学ぶことができます。

北米ボーディングスクールへのアート留学のメリット

感性を磨き育む、プロ仕様の環境

プロ仕様の劇場やアートスタジオ。備えられているのは、常に「本物」です。ビジュアルアートもパフォーミングアートも、各分野の設備が学校の中に整っていることで、学校生活を送りながら豊かな感性を育むことができるのです。

やりたいことを、やりたいだけ

興味関心があれば、習熟度に関わらず、複数の分野に取り組むことも可能です。それができるのも、指導体制・環境が充実しているボーディングスクールならでは。可能性の芽は際限なく育まれ、感性の幅はどんどん広がります。

芸術だけにとどまらない成長

ボーディングスクールの手厚い教育環境が、学業もしっかりサポート。さらに、多くの留学生と共に過ごす日常生活によって、国際的な感覚が養われます。芸術性・学力・グローバリズム。ボーディングスクールで培われたこれらの要素が、この先に進むべき道を拓きます。

磨きあげた芸術性とグローバリズムが、将来を照らします。

アート留学の環境

「学校の中」で専門的な芸術を学び育む。それを可能にする北米ボーディングスクールのアート事情を紹介します。

専門講師による高度な授業

各分野それぞれ専門の講師が指導に当たるため、学外の専門スクールに通うことなく、学校の中でどの分野もハイレベルな授業が受けられます。また、クラスは少人数制であり、密度の濃い指導に繋がります。各ボーディングスクールが著名なアーティストを多数輩出していることからも、その指導力・技術力の高さが伺えます。

目を見張る設備の数々

例えば、本場ブロードウェイと同じ舞台装置が備わったシアターがあるなど、ボーディングスクールには各分野の本格的な設備がある場合がほとんど。また、授業とは別に個人用のスタジオや施設も併設され、いつでも最高の環境の中で制作活動に打ち込むことができます。

常に「魅せる」「触れる」ことができる日常

アートにとって、発表の場はとても重要です。ボーディングスクールでは、生徒たちは日々本格的な舞台で公演を行い、生徒たちの制作物はキャンパス内の至るところに展示されています。それは同時に、様々な分野に触れる機会もたくさんあるということ。制作だけで終わることのない日常が、さらに芸術的感性を磨いていきます。

大学進学も手厚くサポート

ボーディングスクールでは、生徒たちの可能性を伸ばしながら、大学進学に向けて的確なアドバイス・サポートを行います。専門分野に打ち込みながらも将来をきちんと見据えることができるのも、教育環境が充実し、なおかつ大学とのコネクションが強いボーディングスクールの強みです。